墨汁一滴

 大学とパワーハラスメント - I
  「 河北新報」の ONLINE NEWSに、上記表題に関する記事が掲載されている。
  とても他人事とは思えない内容である。
  それにしても、日本の大学は、いつからこんな風になってしまったのだろうか。
                 

 
 大学と新聞広告
  インターネット上で、上記表題に関するブログ記事を見つけた。
  一つの意見として、大学関係者に是非とも読んでいただきたい。
                                     

  
 大学SELECTION 京都外国語大学
  YouTube上で公開の「読売新聞大阪本社広告局ビジネス開発部」制作による、
 「大学SELECTION 京都外国語大学」を初めて視聴した。
  学科紹介の場面で、原告の一人が作成したポスターがしっかりと写っている。
  何ともはや、名状しがたい気分である。
      

 
 Where has the shirucafe gone?
  学園創設70周年の記念事業として、2017(平成29)年4月竣工予定で着工された、
  新4号館建設であるが、7月1日現在、未だ完成に到っていない。
  この4号館6階に開設予定だった「知るカフェ」に関する記事が、何ら説明もな
  く、いつのまにか、大学のホームページ上から削除されている。
  新聞にも掲載されたこの件を単に、削除して終わり、というわけには行くまい。

                                     
  さらに、「知るカフェ」を運営する (株)エンリッションとの業務提携の記事それ
  自体も削除、同社のホームページもまたしかりである。
                                    
  両者の間に、一体何があったというのだろうか。
  



学園創立70周年記念ムービー「未来へつなぐ創立の想い」
 「未来へつなぐ創立の想い」を視聴した。
  創立者森田一郎、森田倭文子両先生の教育に対する情熱を再確認し、一時代を
  共有し得たことを幸とするものである。
  倭文子先生の肉声(入学式後の講演)に接し、懐かしい思いで一杯である。
  創立当初の苦しい時代を振り返って、「(創立者、教職員、学生の)三者一体の
  信頼と努力が…」というくだりは、まさに現在にも通じる言葉だと思うのだが、
  現状は果たしてどうなのか、考えさせられること多である。
       


 学園創立70周年記念祝賀会を開催

  創立記念日にあたる2017年5月18日、京都ホテルオークラで、教職員等約330人が
  出席し、記念祝賀の宴が催された。
  これに先立ち、曹洞宗大平山宗仙寺で、役職者による学園物故者供養が執り行われた。 

                                                                                                  
inserted by FC2 system